1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活パーティいまどきmixiで婚活する39歳商社マンの言い分。「婚活女性にもうゲンナリ…」

婚活パーティいまどきmixiで婚活する39歳商社マンの言い分。「婚活女性にもうゲンナリ…」

婚活パーティいまどきmixiで婚活する39歳商社マンの言い分。「婚活女性にもうゲンナリ…」

4/6(金) 15:50配信

女子SPA!

いまどきmixiで婚活する39歳商社マンの言い分。「婚活女性にもうゲンナリ…」

(女子SPA!)

 なかなか実情が見えにくい男性の婚活事情ですが、ときに婚活に対する意識の違いや温度差は、男女でかなり差が出ることもあるようです。

今年で婚活歴2年半の斉藤拓実さん(仮名・39歳・商社)は、婚活はしているものの、「自分からガンガン攻めるのではなく、そのうちいい出会いやきっかけがあったらいいなあ……」と、かなりゆっくりマイペース。

「結婚したい願望はもちろんあるので、婚活をはじめた当初は婚活パーティーやイベントなど色んな行事に進んで参加しました。でも、そこに来る女性がみんな『できれば最短距離で結婚をしたい』『なるべく効率良く良い“物件”を手に入れたい』と、どこか機械的というか。

恋愛感情や相性とか育むべきところをすっ飛ばして、自分の安定のためだけに効率を重視しているように思えてしまったんです。婚活イベントなのでそれは当たり前だろう、何を夢見てるんだと言われればそれまでなんですが……」

出産や妊娠の問題がある女性側としては、どうしても結婚を焦ってしまうのは致し方ないもの。ただ、その焦りや不安をなるべく早く解消したい! 落ち着きたいという姿勢が、斉藤さんにはどうもマイナスに見えてしまうようです。

◆どうしてもぬぐえない「俺じゃなくてもいいじゃん」感

様々な婚活イベントに参加しているうちに、「結婚したい感が全面に出ている女性が苦手になった」という斉藤さん。婚活の場なんだから、全面に出てしまうのはそりゃしょうがないだろ!と思いきや、そこには複雑かつ意外とロマンチックな男性ならではの想いもあるようです。

「幼稚なことを言っているなというのは自分でも分かるんですが……趣味や性格など僕自身の話にはさらりと触れた程度で、さりげなく年収や家族構成、仕事のことをガッツリ聞かれると『むしろそっちが本題かよ』とゲンナリしてしまうというか……。

結婚に対してギラギラしている女性を見ているうちに、彼女たちには収入や顔など“これくらいなら許せる”という一種のボーダーラインがあって、そのラインを超える男なら誰でも“キープ”に入るんだなって分かってきたんですよね」

そして毎回たどりつくのが「じゃあ自分じゃなくても良いじゃん」という答えだそう。

「キラキラした運命の出会いを求めているわけじゃないですが、せめて即結婚を意識するんじゃなくて、もっとゆっくりと関係性を育みたいというのが正直な気持ちです」

◆今はもっぱら、人口少なめのSNSが出会いの場

婚活ギラギラ女子がほとんどいなくて、自身の求める「ゆっくりマイペースで関係性を育める出会いの場」として斉藤さんが最終的に落ち着いたのが、mixiや地元密着型のSNSでした。

「世間的にはマイナーだったりオワコンと言われているコミュニティでも、意外と婚活関連のイベントは盛り上がっているんです。勢いがなくなったからこそ、本当にじっくり出会いたい大人が残っているというか、少なくとも『サクッと好条件の相手と結婚したい』というギラついた女性は少ない気がします」

いいなと思った相手でも、「最低1か月はSNSでやりとりをして、気が合いそうならまず1度お茶にいってみる」というゆっくりとしたペースで事を進めることが多いとか。

「いくら条件の良い相手に出会って勢いで結婚しても、すぐに離婚や別居となってしまったら本末転倒じゃないですか。離婚になると労力や金もかかるし。だからこそできるだけゆっくり見極めたいなと思うんです」

結婚するまでもしてからも様々な面で「時間」に追われる女子と違い、比較的ゆとりのある男性だからこその婚活の挑み方。現実が見えてないロマンチックな男の勝手な言い分とも取れるかもしれませんが、「本質を見極めたい」「ゆっくり結婚までの過程を積み重ねたい」というのも男性の正直な本音のようです。

もしも婚活の場で、「のらりくらりとかわされる」「いまいちノリが悪い!」という男性がいても、即座に三下り半を突き付けずしばらく様子を見るのも◎ もしかするとゆっくりと、しかし着実にあなたとの関係を築こうとしているサインかも知れません。

―「婚活してる男性」ってどんな人? vol.22―

<TEXT/青山ぼん>

aik***** | 4/6(金) 16:33
一目惚れした相手がいたなら取り敢えず結婚できるように頑張るといいと思う、100%合うのは自分だけ、80%合わしてくれるのは母親だけ。50%以上合う人がいたらラッキーなんだよ。残りはお互いの歩み寄り。

345
12
返信5
— |4/6(金) 16:58
これは、名言だと思います。

50
1
le_***** |4/6(金) 18:10
全くその通りなんだが、それがわからないから売れ残ってるんだよな。

34
1
zub***** |4/6(金) 18:28
「歩み寄れず」にエゴに知っちゃう奴

多いんだよな。

12
2
hoo***** |4/6(金) 19:51
まさに男女ともにそこが致命的に不足
してる(^0^)

20
0
bbj***** |4/7(土) 20:26
すごくしっくりきました>_<

たまにこれでよかったのか、とかふと思ったりしてたので。

5
0

コメントを書く
edg***** | 4/6(金) 15:54
まぁ正直、男女40近くになると焦ってもしょうがないって感覚は出てきそう。
女性は出産のボーダーラインがあるし、男性でもよほど高ステータスで
ないと単に値踏みされて終わり、って感じになりそうだし。

206
10
返信0
yuu | 4/6(金) 17:22
39にもなって恋愛感情とか自然な出会いとかは正直難しいと思う。恋愛感情だけで収入とか条件を考えないのなら女性ももっと若い男性を選ぶと思います。

184
31
返信2
le_***** |4/6(金) 18:11
いや、その年代の女性では若い男は相手にしない。

21
12
yuu |4/6(金) 20:15
若い女性は経済力考えなしで恋愛感情だけなら、普通に同い年くらいを選ぶでしょう。

27
1

コメントを書く
fea***** | 4/6(金) 17:32
男の人は出産リミットがないから、こんなに気長なのでしょうか。

78
4
返信1
以前のコメントを表示(1件)

コメントを書く
おかゆ | 4/6(金) 18:04
婚活って結婚したい人がくるわけだから収入や家族構成は誰でも気になると思う。
私が友達と一緒にいった婚活パーティーでは男性は若い女性、女性は高収入の男性に集まってた。
お互いに条件ばかり気にしてたら結婚はできないよね。
しかしmixiでまったりも良いけど結婚するまでにどれだけ時間をかけたいんだろう?
同世代の女性は子供が欲しければ焦るだろうし、そんなに妊娠を焦る年齢じゃない女性は40歳近い男性は選ばない気が…
子供が欲しくなければ関係ないのかもしれないけど

69
2
返信0
hir***** | 4/6(金) 18:09
めちゃめちゃ同感。目的達成に向けてドライに来るから萎える。仮にそうゆう相手の結婚なら誓約書交わさないと怖くて出来ない。

31
6
返信0
ryu***** | 4/6(金) 16:01
この人じゃなきゃいけないとか必然性なんてものは幻想!そして運命の人探しとか病気みたいなもん!

109
16
返信2
le_***** |4/6(金) 18:16
そう思う。ドライな方がハッキリしていて良い。年収が希望より少ないとか子供に対する考え方が違うとか具体的な方が断られても納得できるだろう。
これがフィーリングが合わないとかなんとなく、では断られた方も不愉快でしかない。

16
2
ぐらすわんだー |4/6(金) 23:13
>この人じゃなきゃいけない
>運命の人

婚活でもなんでもない場所で、そういう人に巡り合えて、その人と結婚できた俺は、凄くラッキーだったんだろうなぁ。
今まで当たり前のように思ってきたけど、この記事を読んでそれを改めて感じた。

9
4

コメントを書く
cocoa | 4/6(金) 18:57
毎回婚活男性の愚痴ww一昔前の女性がこんな事いってたような。
ただ私はわかるけどね。恋愛感情や相性とか育くみたいって気持ちも。
だけどこの人は「じゃあ自分じゃなくても良いじゃん」って言ってる
けど、自分も「その人でなくても良いじゃん」って感じ。
来る者は拒まずだけで、自分から行ってない。
その他大勢をなぎ倒してって気概もなさそう…がんばれ!w

37
5
返信0
yuk***** | 4/7(土) 20:23
20代で結婚を決めた男性は、見た目とかフィーリングとかで、割りとあっさりと決めているように思う。
年を重ねるほど、男女問わず、条件にこだわり、こじれるように思う。
自分に自信や価値を持っているなら別ですが、それ以外は…かな。

26
1
返信0
fiv***** | 4/6(金) 16:01
なんとなく、だが分かる気がする

ちょっと意味が違うかも、だが
前の彼氏と別れて一月しか経たないのに
食事に誘ってきたコがいた
さすがに、フラれた後は誰でもエエんかい
と思ってその場では断った
後で、あの時は結構真剣にアプローチしたのに
と言われたけどそうには思えんよ

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事