1. HOME
  2. ブログ
  3. 【セカンド女子】幾つになっても恋愛は待つスタイル。美人だからこそ陥った合コンの負の連鎖

【セカンド女子】幾つになっても恋愛は待つスタイル。美人だからこそ陥った合コンの負の連鎖

【セカンド女子】幾つになっても恋愛は待つスタイル。美人だからこそ陥った合コンの負の連鎖

3/31(土) 16:00配信

Suits-woman.jp

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の通信関係を扱う職場で派遣スタッフとして働く菊池みゆきさん(仮名・35歳)。鎖骨まである手入れの行き届いたストレートヘアに、白のカットソーの上にゆったりしたデザインの白のロングカーディガンを着ています。下は黒いレース地の膝丈スカートに、ショートブーツを履いており、スカートのスリットからは細い足がのぞいています。肌は色白できめ細かく、目元のメイクはマスカラのみでパッチリしており、全体的に大人の色気を感じる女性です。きれいで男性にモテそうな雰囲気のあるみゆきさんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は千葉県で、両親と2歳上の姉との4人家族です。父親はサラリーマン、母親は週3ほど家から近いスーパーで経理の仕事をしていました。小さい頃から両親の仲が悪くて、いつも姉と一緒の部屋で夫婦ケンカが終わるのを泣きながら待っていた記憶があります。でもそれも小さい頃だけで、私が中学生になった頃には両親のケンカはなくなり、会話もあまりありませんでした。私たち娘を間に挟んだ状態での会話ばかりで、2人が仲良さそうに話しているところは見たことありませんね。結局、数年前に熟年離婚したんですよ。ずっと冷戦状態だったので、やっと別れてくれたのかとどこかホッとしています」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校3年の時です。進路も決まった卒業間際の時に告白されたクラスメイトでした。彼のことは好きではなかったんですが、彼からの好意には気づいていて、ずっと前から意識はしていました。そこまで嫌じゃなかったし、高校生活を誰とも付き合わないまま終わるのも嫌だったのでOKした感じです。その時、別のクラスに2年から片思いしている人がいたんです。一目惚れだったんですが、その人とは仲良くさえなれませんでしたね。結局付き合った彼ともお互い別々の大学、短大へ進学したので、数か月しか続かずに自然消滅しました。その間、5回くらいしかデートしなかったです。メールもあまりなくて、付き合っていたと言っていいのかわからないくらい淡泊な感じでした」

短大へ進学後は、合コンを繰り返し、その中で新しい彼氏もできたそうです。

「短大は都内に進学したんですが、交友関係が広い子が多くて、週に1~2回のペースで合コンをしていました。すべて友人のツテで、大手企業の社会人から、美容師、有名大学の学生など色んな人がいましたね。そこで出会った2歳上の大学生に告白されて付き合いました。顔がタイプで、告白してくれたので付き合った感じだったんですが、3か月ほどで振られました。他に好きな人ができたと言われたんです。たった3か月で……。そこから色んな人と出会って付き合いました。でも、みんな半年ももたなくて……。付き合うってそういうものなのかもと思って、クリスマスなどのイベントごとをひとりで過ごしたくないからというぐらいの気持ちで付き合ったりしていましたね」

短大を卒業後は旅行会社に就職し、カウンター業務を担当。そこで初めての社内恋愛がスタートします。

「旅行会社に就職したのは、そこが1番先に内定をもらえたからです。フリーターは親から許してもらえそうもなかったし、本当はレコード会社に興味があったんですが、受からなくて断念しました。仕事はそこまで難しいこともなく、接客は好きだったので楽しかったです。唯一嫌だったのは、シフト制で土日も仕事だったこと。友人と休みを合わせられなかったことがストレスでしたね。

そんな友人と遊ぶことができない中、同じ職場の4歳上の先輩からアプローチを受けて付き合うことになるんです。彼は見た目はタイプじゃないけど、合コンと違ってその人の素行がわかり、面倒見の良い、同性からも人気のあるところに惹かれました。仕事帰りにデートをしたり、シフトを合わせて休みを取ったりと、私はやっと落ち着いた付き合いができていると思っていたんです。今までの人は、連絡先しか知らない、連絡がつかない時間は何をしているかもわからない人ばっかりだったので。

でも、そんな彼にも4か月で、好きじゃなくなったと言われて振られました。さすがに凹みました……。その頃には学生時代の友人も落ち着いて長く付き合っていることもあったので、どうして自分だけが……ってなりましたね。その後は合コンを復活させて、数人の方と付き合いました。でも全然続かなくて……。しまいには、付き合うまでいかないことも増えてしまって……」

 

名無しさん
3/31(土)19:21
別れる時の男の理由がみんな同じっていうのが気になるね。
名無しさん
3/31(土)18:31
恋愛が減る→女性が子供生まない→いつか人類は滅びる
名無しさん
3/31(土)17:19
好きならば派遣だろうと何だろうと関係ないのでは?一体パートナーに何を求めてるのやら。
結局見栄のためにどこの企業に勤めていようが年収がたかろうが、フィーリングが合わないならば別れるし離婚につながる。
ならば?
結局は心なんだよな。
年収や学歴に群がる女、男には自身が実力ない人。
結局頼りたいだけなんだよな。
虚しくならないのかな?
名無しさん
3/31(土)20:00
まあ男性の方も、数回会っただけの良く知らない(恋愛感情もそれほどない)自分に体まで許しちゃう女性を、生涯の伴侶にしようとは思わないのかもね。
名無しさん
3/31(土)16:53
あんまり落としに行きたくないんだよね?自然に恋に落ちる方が良くない?
名無しさん
3/31(土)19:40
合コン行ってる人は待つスタイルじゃないと思う
名無しさん
4/4(水)7:11
美人以外の魅力がないってことですね
mahimahi
3/31(土)17:56
自分の娘はこんなしょうもない女にしたくないね
なんの努力も主体性もない人生だね
名無しさん
3/31(土)23:50
ワシも女子とワイワイ盛り上がりたいよ。誰もいないのだ
(´ω`)
名無しさん
3/31(土)16:13
>都内の通信関係を扱う職場で派遣スタッフとして働く菊池みゆきさん(仮名・35歳)この年齢で未婚、かつ非正規というところで色々問題ある人なんだなと思うから結婚したいなら相談所行ったほうがいいと思う
名無しさん
3/31(土)16:21
35歳の未婚で非正規は問題なんですかね?
名無しさん
3/31(土)16:39
今のご時世、フリーターや派遣社員が世の中の大半を占める時代なのに?あなたのモノサシで人を測るのはダメですよ。
名無しさん
3/31(土)17:04
じゃああなたらは派遣社員の35歳女性と付き合える?正直男女問わずこのスペックは色々と考えるでしょ
白檀
3/31(土)18:29
待ってても恋なんて、永遠に始まらない事を知っているシビアな私は、待つスタイルとか呑気な事をほざいていられなかったけどもね。。
いいわね。待っていたら来てくれた経験があるんだろうなあ。
向こうから。
名無しさん
4/6(金)16:37
悪い娘じゃないんだけど、無個性なんだろうなぁ…あとは、一度体を簡単に許して捨てられたのに学習しないところがな。
小賢しくなるのではなく、もっと賢く立ち回れってことだ。
名無しさん
4/1(日)2:29
この手の話には「もう知らんがなぁ…」という感想しかない
名無しさん
4/1(日)13:44
若い頃ちょっとモテる位で受け身になるの、危険だよ〜。友達にもいるけど。アラフォーで未だに独身非正規、親にパラサイト。恋愛も友人関係も受け身だよ。見た目可愛い子だけど、結婚は見た目だけじゃないからなかなか難しいよね。その子は20代の恋愛は全てセカンドやってたよ。こっちからは連絡しないで、誘えば必ず来るという受け身だから浮気相手には丁度いいんだろうね。友達として、付き合う前に身体の関係になるのを止めろって、何度も言ったけど聞く耳持たなかったからこっちが結婚した20代後半あたりで言うのを止めたけど、、、結局30代でもマトモな付き合いしてないから心配してるけどどうにもならん。。
kenkoba
3/31(土)17:37
年収だけで選ばれて性格が合わなくて離婚で慰謝料下さいって言う女性は何様?って思います。
レスしてきてもハナから読んでないんで
3/31(土)19:12
まず、美人かどうかは誰が決めるんですか(苦笑)
有吉
4/1(日)6:40
女はもっとヤリ◯ンにならないとダメ!美人ならなおさらセッ◯スしろ!
仕事でストレス溜めて帰ってきた男を娼婦のように慰めてやるのが女の役目だと思う。
男はそんな嫁を望んでるぞ!
名無しさん
3/31(土)23:59
いくら仮名でも信用できぬ事はみんな認識してる。貴様等は所詮、自暴自棄女子を好きになって弄ぶ。
いい加減にいい大人になれや。
家族が泣いてるぞ。
やりたかったら、風俗でやって来い!!
名無しさん
3/31(土)19:45
おんなじ失敗を繰り返すのが人間や~

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事